Home > Windows Archive

Windows Archive

「Windows 7」バージョン構成が明らかに

  • Posted by:
  • 2009年2月 4日 13:59
  • Windows

ベータ版が好評な「Windows 7」ですが、販売戦略が見えてきたようです。

「Windows 7」バージョン構成が明らかに--一般向けは「Home Premium」と「Professional」

 「Windows Vista」には、あまりにも多くのバージョンが用意されたとの批判もあったにもかかわらず、Microsoftは、「Windows 7」においても、ちょうど同じ程度のエディションを提供する計画を進めている。

 Microsoftは、少なくとも6つの異なるバージョンで、Windows 7の提供を予定しているものの、米国内で販売されるほとんどすべてのPCには、「Home Premium」または「Professional」のいずれかが搭載されることになるという。

 Windows部門を統括するシニアバイスプレジデントのBill Veghte氏は、「主に2つのバージョンを集中的に提供する計画である」と、インタビューで語っており、Home PremiumとProfessionalの2バージョンが、Windows 7の販売の80%を占めることになると示唆している。

 とはいえ、Windows 7には、「Starter」、「Home Basic」、「Home Premium」、「Professional」、「Enterprise」、「Ultimate」という6バージョンが用意される予定である。Vistaとは異なり、Home Basicバージョンの販売は、エマージング市場のみに限定されることになる。

 では、Microsoftが、(Home PremiumとProfessionalという)2バージョンを集中的に販売する方針であるのならば、なぜこうした数多くの他のバージョンで、いわば混乱を招くようなことをするのであろうか?Veghte氏は、Windowsの販売対象エリアが、非常に多岐に及んでいるとの事実に言及している。

 たとえば、エマージング市場向けに、Microsoftは低価格バージョンを用意する必要がある。その結果、Microsoftは、大幅に提供機能を限定したStarterバージョンや、同様の目的を持ちつつも、よりフルバージョンに近い提供機能が用意されたHome Basicバージョンの提供を計画している。ボリュームライセンス購入を進める顧客に対しては、暗号化が行える「BitLocker」機能や、いくつか他の企業向けにのみ提供される機能を搭載した、Enterpriseバージョンが用意されることになる。これらの全機能の利用を望む顧客に対しては、Ultimateバージョンも提供される予定である。

 とはいえ、Microsoftが、(Vistaで行ったのと)まったく同じことをWindows 7でも実施しようとしているという意味ではない。Veghte氏は、同社が、Vistaを通じて、いくつかの貴重な教訓を学んだと述べている。

 Vistaの提供パッケージに関する特定の批判の中には、「Home Premium」バージョンで提供されながらも、より高価な「Vista Business」バージョンでは提供されなかった機能があるとの事実が挙げられる。Windows 7においては、より高価な各バージョンで、他の(下位)バージョンに含まれる全機能が提供されることになる。たとえば、Windows 7の「Professional」バージョンには、Windows Media Centerも搭載される。

 また、Microsoftは、あるバージョンから別のバージョンへの移行を、より容易に実現可能としている。Vistaにおいても、Microsoftは、特別なアップグレードディスクを用いることで、あるバージョンから別のバージョンへのアップグレードが手軽に行えることを明らかにしていた。Windows 7では、多くのバージョンが用意されるものの、実のところ、(OSの)コードあるいはイメージには、一連の同じ構成が採用されている。つまり、Windows 7の全機能がPC上にロードされ、アップグレード用のプロダクトキーのみで、ロックが解除されるのだ。

 特定のバージョンに関して、さらに説明を加えるならば、Windows 7の「Starter」バージョンには、新しいタスクバーを始めとする、Windows 7でカギとなる機能がいくつか含まれるが、サムネイルのライブプレビュー機能などは搭載されない。また、同時に起動できるアプリケーションの数は、3個に限定されることになり、画面解像度やプロセッサのサポート数などにも制限がかかる。

 エマージング市場のみで販売される「Home Basic」バージョンでは、画面解像度やプロセッサのサポート数、同時起動可能なアプリケーション数などの制限が撤廃され、インターネット接続の共有や、新たなセンサおよび地域に応じた提供機能のサポートが追加される。しかしながら、Home Basicバージョンには、マルチタッチのサポートや、「Aero」インターフェースなどが搭載されない。DVD再生機能やWindows Media Centerに関しても、StarterおよびHome Basicでは提供が見送られ、「Home Premium」や「Professional」バージョンからの提供となる。

 プレゼンテーションモードやドメインへの参加機能などは、Professionalバージョンに限って提供される機能の例に挙げられており、他の一般家庭ユーザー向けのバージョンには搭載されない。最後になるが、DirectAccessやBitLocker、仮想ハードドライブからの起動といった、いくつかの特定の機能を利用するには、「Enterprise」または「Ultimate」バージョンが必要となっている。

 その批判が正当かどうかは別にして、こうして数多くのバージョン(世界各地で独占禁止法違反を監視する当局からの要請に応じ、他のバージョンが用意されることもある)が、Windows 7で提供されることに関しては、やはりMicrosoftに対して、厳しい非難が浴びせられる結果を招き、おそらくはAppleの関係者からも、いくらかシニカルな反応を招きかねないだろう。

 だが、(Windowsにおける)ある程度のカスタマイゼーションは、確かに必要なものである。結局のところ、Appleは、(OSに)単一のバージョンのみが用意されると誇るかもしれないが、同社が提供するMac OSがターゲットとするのは、ちょうどWindowsでは、Home Premiumバージョンの提供セグメントにも位置づけられる、とりわけハイエンドのコンシューマー市場に限られるからだ。

 しかしながら、いまやWindows 7では、Professionalバージョンでも、Windows Media Centerを始めとする、数々のコンシューマー向けの機能が搭載されるようになっており、Ultimateバージョンを提供する意義は薄れかけているようでもある。

Vistaの構成をベースにしていますが、「Business」バージョンの失敗など、反省すべき点は反省したようです。

私はVistaを気に入っているし、使用中のアプリが動くかという問題もありますので、すぐには移行しませんが、非常に興味深い構成だと思います。
ユーザーは自分で選んだものには納得する傾向がありますので、少ないより多い方がいいのですが、多すぎても選択しにくくなるため、ちょうどいいバランスではないでしょうか。

個人使用では「Home Basic」がベストな選択肢なのかな。

Windows 7β版、一般公開を2月10日まで延長

  • Posted by:
  • 2009年1月28日 10:36
  • Windows

巷では動きが軽いと好評なようで、ダウンロードが順調に伸びているようです。
私はVistaをとても気に入っているので、特に必要性も無いのですが、やはり技術者としては一度入れてみないといけないかも。

Windows 7β版、一般公開を2月10日まで延長

 米Microsoftは1月23日、「Windows 7」β版の一般公開を2月10日まで延長することを明らかにした。

 同社はβ版を一般公開した当初、1月24日にダウンロード提供を終了するとしていたが、終了日を2月10日に変更した。ダウンロードプロセスを開始したがまだ完了していないユーザーは、2月12日までに完了しなければならない。

 具体的な予定としては、1月27日にWindows 7ページに公開終了が近づいているという告知を掲載。2月10日にWindows 7の新規ダウンロードを終了、12日にはダウンロードプロセスを完了できなくなる。Windows 7のプロダクトキーは12日以降も入手可能。

 一般ユーザー向けのダウンロードは終了するが、MSDNやTechNetに加入している開発者への提供は続ける。


元々は、ダウンロード数にも制限があったんですよね。
予想以上の反響ということでしょうか。

マイクロソフト、「Windows 7」ベータ版のダウンロード制限を撤廃

 「Windows 7」のパブリックベータリリースが、「理想的な」スタートを切れなかったことを認めつつ、Microsoftは、約2週間に渡って、同ソフトウェアのダウンロード件数を250万に制限するとの措置を撤廃する方針を明らかにした。

 WindowsのコミュニケーションマネージャーであるBrandon LeBlanc氏は、米国時間1月10日に、次のように同社の公式ブログで発表した。

 (Windows 7への)非常に高い需要があることを受けて、ダウンロード環境は理想的なものとなっていなかったが、われわれは、こうした状況を考慮して、より良いエクスペリエンスの提供を確実なものとするべく、必要な措置を講じることにした。Windows 7のベータ版をチェックしてみたいというリクエストが多いため、(1月24日までの)今後2週間は、パブリックベータ版のダウンロードを先着250万件に限るとの方針を撤廃することに決定した。この期間中は、たとえダウンロード件数が250万を超えたとしても、自由にベータ版へアクセス可能となる。

痒いところに手が届いた Windows 7

  • Posted by:
  • 2008年11月 8日 23:55
  • Windows

WindowsVistaは、機能を詰め込んだものの、ユーザーのニーズに合っていなかったため、なかなか売れませんでしたが、Windows 7はなかなか良さそうです。

[GIGAZINE]Vistaの次のウインドウズ「Windows 7」の新機能をスクリーンショット付きで大解説、地味に改善されていることが明らかに
[livedoor ニュース]Vistaの次のウインドウズ「Windows 7」の新機能をスクリーンショット付きで大解説、地味に改善されていることが明らかに

Vistaがボコボコに叩かれている間に着実に開発が続けられていた「Windows 7」ですが、そのスクリーンショットがついに初披露されました。タスクバーの高さが若干高くなり、Vistaにあったサイドバーは消滅、ウィジェットは好きな位置に置くのが基本となったようです。

そのほかにも変更点がかなり多く、現在のVistaのダメなところを改良して改善しているのが伺えます。例えばあのウザいUACの表示強度が変更できたり、ウィジェットのアクセス方法が改善されたり、タスクトレイの改良、電卓の強化などなど。

とのこと。
確かに、新しい機能というよりは、これまで使いにくいとされてきた機能をもう一度洗いなおしたという感じです。
悪名高いUACが見直されてきたのは評価に値すると思います。

地味な変更点では、ペイントや電卓といった、これまで放置されてきたツールまでしっかり見直されている点からも、利便性の向上に力を入れていることが伺えます。


[GIGAZINE]「Windows 7」が実際に動作している様子のムービーを公開、思っているよりも動きはスムーズ

ムービーで確認できる機能で印象的なのが、ウインドウをマウスでつかんでデスクトップの上部にぶつけることによって、ウインドウが最大化するというもの。さらにウィンドウのタイトルバーをドラッグして、デスクトップの左右端にぶつけることで、縦の長さいっぱいにウインドウが広がるのが確認できます。これによって、2つのウインドウを並べて内容を見比べるといったことが簡単にできるようになっているというわけ。

どれほどのスペックのPCを使っているのか分かりませんが、かなり快適に動作している印象があります。
Vistaと違ってガジェットの位置はどこでも良さそうです。

2つのウインドウを簡単に並べるシーンにはちょっと感動。
今までは手動で地道にやってたので、これは便利です。

またベータ版が公開されてませんので、これからどうなるのか分かりませんが、かなり期待できそうです。

Index of all entries

Home > Windows Archive

Search
Feeds
Tag Cloud
Recommend

SQLパズル 第2版 プログラミングが変わる書き方/考え方
SQLパズル 第2版 プログラミングが変わる書き方/考え方

ソフトウェアアーキテクチャ―ソフトウェア開発のためのパターン体系
ソフトウェアアーキテクチャ―ソフトウェア開発のためのパターン体系

ITアーキテクト vol.1
ITアーキテクト vol.1

オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン
オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン

増補改訂版 Java言語で学ぶデザインパターン入門
増補改訂版 Java言語で学ぶデザインパターン入門

増補改訂版 Java言語で学ぶデザインパターン入門 マルチスレッド編
増補改訂版 Java言語で学ぶデザインパターン入門 マルチスレッド編

J2EEデザインパターン
J2EEデザインパターン

アンチパターン―ソフトウェア危篤患者の救出
アンチパターン―ソフトウェア危篤患者の救出

世界でいちばん簡単なネットワークのe本―ネットワークとTCP/IPの基本と考え方がわかる本
世界でいちばん簡単なネットワークのe本―ネットワークとTCP/IPの基本と考え方がわかる本

Return to page top