Home > オープンソース > | プログラミング > .NET Frameworkライブラリのソースコード公開へ

.NET Frameworkライブラリのソースコード公開へ

おおっ、と思うニュースでした。

マイクロソフト、.NET Frameworkライブラリのソースコード公開へ


 米マイクロソフトは10月3日(現地時間)、Scott Guthrie氏のブログで、.NET Frameworkライブラリのソースコードの一般公開を発表した。今年後半の、.NET 3.5/Visual Studio 2008(以下、VS 2008)のリリースと同時に公開する予定だ。

 初めは、ベースクラス(System.IO、System.Netなど)や、ASP.NET(System.Web)、Windowsフォーム(System.Windows.Forms)、ADO.NET(System.Data)、XML(System.Xml)、WPF(System.Windows)のライブラリから提供を初め、続けてWCFやWorkflow、LINQなども公開していくという。

 ソースコードは、マイクロソフトリファレンスライセンス(Ms-RL)で提供される。

 また、ソースコードはダウンロードしてエディタで閲覧できるだけではく、VS 2008における統合的なデバッグのサポートも予定している。

 たとえば、GridViewのDataBind()の呼び出しにブレークポイントを設定した際、従来までは、DataBind()内部での動きの詳細は確認できなかったが、VS 2008ではステップインで.NET Frameworkライブラリ中のコードもデバックできるようになる。[ローカル]ウィンドウや[ウォッチ]ウィンドウで変数を監視することも可能。また、.NET Frameworkのソースファイルは、必要に応じてデバッグ時にオンデマンドで取得するため、あらかじめ全てのファイルをローカルにダウンロードしておく必要はない。

 マイクロソフトでは、.NET Frameworkライブラリのソースコード公開とデバッグの統合は、.NET開発者にとって非常に価値のあることであり、よりよいアプリケーション開発の手助けをしていきたいとしている。

確かに、デバッグ中にライブラリの先が見たいときはありますよね。
今まではソースが無くてもなんとかなったので、必須という訳ではないですが、無いよりはあった方が良いですね。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://magicbox.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/457
Listed below are links to weblogs that reference
.NET Frameworkライブラリのソースコード公開へ from 爆裂!C#野郎

Home > オープンソース > | プログラミング > .NET Frameworkライブラリのソースコード公開へ

Search
Feeds
Tag Cloud
Recommend

SQLパズル 第2版 プログラミングが変わる書き方/考え方
SQLパズル 第2版 プログラミングが変わる書き方/考え方

ソフトウェアアーキテクチャ―ソフトウェア開発のためのパターン体系
ソフトウェアアーキテクチャ―ソフトウェア開発のためのパターン体系

ITアーキテクト vol.1
ITアーキテクト vol.1

オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン
オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン

増補改訂版 Java言語で学ぶデザインパターン入門
増補改訂版 Java言語で学ぶデザインパターン入門

増補改訂版 Java言語で学ぶデザインパターン入門 マルチスレッド編
増補改訂版 Java言語で学ぶデザインパターン入門 マルチスレッド編

J2EEデザインパターン
J2EEデザインパターン

アンチパターン―ソフトウェア危篤患者の救出
アンチパターン―ソフトウェア危篤患者の救出

世界でいちばん簡単なネットワークのe本―ネットワークとTCP/IPの基本と考え方がわかる本
世界でいちばん簡単なネットワークのe本―ネットワークとTCP/IPの基本と考え方がわかる本

Return to page top