Home > プログラミング > コーディングルール不要論

コーディングルール不要論

最近、コーディングルールいらなくね?とか思っているのですが。
というか、アホなコーディングルールなんてうんざりだ!

まず、コーディングルールのメリットと思われている部分って、大体こんなところでしょうか。
あまり思い浮かばなかったので、他にもあるよって人は教えてください。
・作り方を統一することで、メンテナンス性が向上する。
・コードのサンプルを読むことで、全員のレベルを一定水準まで上げることができる。

そして、その運用結果は大体こんな感じになったりします。
・コーディングルールが、特定メンバが好きなルールの押し売りになっている。ベテランが作ることが多いので、時代遅れなコードの場合がある。
・コーディングルールが気に知らないとかで、メンバ同士が大喧嘩。
・技術力の低いメンバが作成してしまい、全員のレベルを下げて開発するハメに。
・プロジェクトがハマってしまい、どんどん人が入ってくる。納期間近でコーディングルールどころではないってことで、ルール無視。
・協力会社のメンバとかが、「どうせすぐいなくなるんだし、適当でいいや」と、ルール無視。
・業務のパターンが複雑で、コーディングルールが対応できなくなる。
・サンプルコードの品質に問題があったため、全体のコードがえらいことに...

ええっ?と思うかもしれませんが、私はこういう場面にかなり遭遇しています。
というか、全く無いってことは一度たりともありませんでした(泣)
基本的に、みんな自分のやりやすいようにやるのが一番開発効率が良いと思っているんじゃないかと思うんですよね。
だから、コーディングルールが弊害となる。
それなら、コーディングルールいらなくね?という結論になったわけです。

でも、さすがに全く何もなく、「全員適当に開発しといて~」って言う訳にもいかないので、別の方向性で考えてみたいと思います。
・システムの方向性、アーキテクチャを決めておく(方向性の確保)
・絶対やってはいけないことを決めておく(アンチパターン)
・誰かのコードを直すときは、その人の書き方に合わせる(平等)
・コメントを詳しく残すようにする(マナー)

と、このくらいでいいのではないでしょうか。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:1

TrackBack URL for this entry
http://magicbox.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/295
Listed below are links to weblogs that reference
コーディングルール不要論 from 爆裂!C#野郎
コーディングルール不要論について from 仮想世界の住人日記 2007-02-04 (日) 09:46
私もコーディングルールは結構軽視してしまう方なので基本的には不要論派なのですが、大きな開発母体となってしまうとある程度は必要でしょうね。会社でのプロジェク...

Home > プログラミング > コーディングルール不要論

Search
Feeds
Tag Cloud
Recommend

SQLパズル 第2版 プログラミングが変わる書き方/考え方
SQLパズル 第2版 プログラミングが変わる書き方/考え方

ソフトウェアアーキテクチャ―ソフトウェア開発のためのパターン体系
ソフトウェアアーキテクチャ―ソフトウェア開発のためのパターン体系

ITアーキテクト vol.1
ITアーキテクト vol.1

オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン
オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン

増補改訂版 Java言語で学ぶデザインパターン入門
増補改訂版 Java言語で学ぶデザインパターン入門

増補改訂版 Java言語で学ぶデザインパターン入門 マルチスレッド編
増補改訂版 Java言語で学ぶデザインパターン入門 マルチスレッド編

J2EEデザインパターン
J2EEデザインパターン

アンチパターン―ソフトウェア危篤患者の救出
アンチパターン―ソフトウェア危篤患者の救出

世界でいちばん簡単なネットワークのe本―ネットワークとTCP/IPの基本と考え方がわかる本
世界でいちばん簡単なネットワークのe本―ネットワークとTCP/IPの基本と考え方がわかる本

Return to page top