Home > ASP.NET AJAX > 【ASP.NET Atlas】Atlasで変わるアプリケーション開発

【ASP.NET Atlas】Atlasで変わるアプリケーション開発

Atlas(コードネーム)とは、次期VisualStudioに含まれると予想されるAjaxのフレームワークを意味します。

[ASP.NET "Atlas" 概要]を読んでいただければ思想は理解できるのではないかと思います。
要するにAjaxを楽に開発しちゃおうということなんですが、実際にサンプルを見てみるまではまゆつばものでした。

あれこれ考える前に、こちらのサンプルをご覧ください。
Microsoft "Atlas" Control Toolkit

Ajaxが登場したとき、開発者でない人もその操作性に驚いたものですが、WEB開発を生業としている人は、「ああ、またJavaScriptかあ」と思った人も多いんじゃないでしょうか。
JavaScriptは情報の受信専門だった、WEBの世界にクライアント側の操作という概念を生んだということでは大きな存在なのですが、一方で開発の面倒くささ(デバッグ等)のために忌み嫌われてきた部分があります。実際、私も仕事ではやむを得ず使いますが、大嫌いです。
そのため、Ajaxが出たときも、「すごいけど、面倒だなあ」と考えていました。

しかし、このサンプル、ソースを見ると考えが一変します。
もう例える言葉が「すごい」しか出てきませんでした。
動きがWEBアプリケーションと差が無くなってきているのに、通常のコントロールと同様のコーディング量なのです。
本日の段階で21個のコントロールも、これからどんどん増えていくようです。
これほどの衝撃を受けたのは、はじめてインターネットを見たとき以降かもしれません。

当ブログも、これからAtlasを追っていこうと思います。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://magicbox.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/125
Listed below are links to weblogs that reference
【ASP.NET Atlas】Atlasで変わるアプリケーション開発 from 爆裂!C#野郎

Home > ASP.NET AJAX > 【ASP.NET Atlas】Atlasで変わるアプリケーション開発

Search
Feeds
Tag Cloud
Recommend

SQLパズル 第2版 プログラミングが変わる書き方/考え方
SQLパズル 第2版 プログラミングが変わる書き方/考え方

ソフトウェアアーキテクチャ―ソフトウェア開発のためのパターン体系
ソフトウェアアーキテクチャ―ソフトウェア開発のためのパターン体系

ITアーキテクト vol.1
ITアーキテクト vol.1

オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン
オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン

増補改訂版 Java言語で学ぶデザインパターン入門
増補改訂版 Java言語で学ぶデザインパターン入門

増補改訂版 Java言語で学ぶデザインパターン入門 マルチスレッド編
増補改訂版 Java言語で学ぶデザインパターン入門 マルチスレッド編

J2EEデザインパターン
J2EEデザインパターン

アンチパターン―ソフトウェア危篤患者の救出
アンチパターン―ソフトウェア危篤患者の救出

世界でいちばん簡単なネットワークのe本―ネットワークとTCP/IPの基本と考え方がわかる本
世界でいちばん簡単なネットワークのe本―ネットワークとTCP/IPの基本と考え方がわかる本

Return to page top